ホーム > 樂美術館 > ご利用案内

樂美術館

伝統の陶家に伝えられた樂焼450年のエッセンス

公益財団法人樂美術館は樂焼窯元・樂家に隣接して建てられています。1978年樂家十四代吉左衞門・覚入によって設立、収蔵作品は樂歴代作品を中心に、茶道工芸美術品、関係古文書など樂家に伝わった作品を中心に構成されています。これら樂家伝来の収蔵作品は、450年の永きにわたって、樂家歴代が次代の参考になるよう手本として残してきたもの。樂家の人々はこれらの作品を制作の糧として樂焼の伝統を学び、それぞれ独自な作陶世界を築いてきました。樂美術館にはまさに樂焼450年の伝統のエッセンスが保存されているのです。


開館時間

樂美術館|外観

10:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日

月曜 (但し祝日の場合は開館)、展示替え期間

入館料

展覧会により異なります。

展覧会

年4回、樂焼と茶道美術の企画展を開催します。

新春展:
樂焼・茶道工芸美術による新春に因んだ華やかな展覧会。
春期特別展:
樂焼450年の歴史、伝統と創造の歴史をうかがう重厚な展覧会。樂歴代の代表作が一堂に並ぶ樂歴代展。
夏期展:
樂って何だろう!?親子で見る展覧会。様々な切り口から樂焼世界を探求、子供たちにも理解しやすい楽しい展示、一部展示物に手をふれることもできます。小中学生は年間無料。
秋期特別展:
樂焼、茶道美術を中心にした特別企画展。

特別企画<手にふれる美術館>

当館では実際に作品などを手に取って鑑賞していただく様々な企画を行っています。

ページトップへ