ホーム > 十五代 樂吉左衞門 > 過去のトピックス

樂美術館

TV番組放映のお知らせ

◆ 『日曜美術館』NHK Eテレ
2017年1月15日(日)9:00AM~ <終了しました>
【再】  1月22日(日)20:00PM~

京都・東京の国立近代美術館にて開催される
「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」の特集です。

◆ 「ニュース630京いちにち」 NHK総合テレビ・京都府域向け <終了しました>
2017年1月11日(水)18:30~19:00PM

◆ 「ぐるっと関西おひるまえ」 NHK総合テレビ・関西地域向け <終了しました>
2017年1月12日(木)11:30AM~12:00PM

「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」京都展の紹介がされます。

◆ 「プロフェッショナル仕事の流儀 新春スペシャル 四百年の伝統を背負い“今”を焼く 樂家十五代 樂吉左衞門」 NHK総合 <終了しました>
※近畿ブロック(京都、大阪、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)のみ

2017年1月3日(火)4:00AM~4:58AM

2013年の新春スペシャルとして放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送です。

◆ 『ぐるっと関西おひるまえ』NHK <終了しました>
12月16日(金) 11:05AM~12:00PM(生放送)
午前11時47分頃~(予定)に 当代 吉左衞門が生出演!
12/17から京都国立近代美術館にて開催される
「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」についてご紹介します

「茶の湯の継承 千家十職の軌跡展」のお知らせ

千利休の時代より千家とともに歩み、好みの茶道具を捜索し続けた十の職家たち。
その数百年もの間、美意識のDNAが受け継がれてきた茶道具約250点を展覧いたします。

樂家、樂美術館からは合わせて約40点の作品が展覧されます。

茶の湯の継承 千家十職の軌跡展

2016年8月31日(水)~9月12日(月) <終了しました>
会 場:日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
会 場:10:30-19:00 (閉場は19:30) ※最終日は16時まで
入場料:一般、大学生800円、高校、中学生600円、小学生以下無料
詳細お問い合わせは 日本橋三越本店 TEL: 03-3241-331(大代表)までお願いいたします。


千家十職展が表千家北山会館にて開催されます

千家十職の各家による作品展が表千家北山会館にて開催されます。
「千家十職展 新しい作品を中心に」
会 期:2016年6月8日(水) ~ 6月30日(木) <終了しました>
会 場:表千家北山会館(京都市北区)

詳しくは表千家北山会館HPをご確認ください。

当代樂吉左衞門 展覧会のご案内

「新兵衛の樂 吉左衞門の萩 ~二人の十五代~」

会 期:2016年1月13日(水)~26日(火) <終了しました>
会 場:東京 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊・アートスクエア
ギャラリートーク(坂倉新兵衛・樂吉左衞門対談):1月23日(土)14時より


ロシア エルミタージュ美術館、プーシキン美術館「樂 -茶碗の中の宇宙」展 開催のお知らせ

本年3月よりアメリカ、ロサンゼルス カウンティ美術館で開催し、好評を得た樂展から内容を一部変更し、7月よりロシア サンクトペテルブルグ エルミタージュ美術館、9月よりロシア モスクワ プーシキン美術館へと巡回いたします。樂美術館所蔵品を中心に、総点数170点余りのかつて無い規模の海外展となります。当代吉左衞門の作品は、フランス・ルビニャックで制作した茶碗や花入、更に写真作品、佐川美術館・樂吉左衞門館の展示室、茶室の建築も紹介。また、次代に繋ぐ16代樂篤人の作品も、日本国内に先駆け、海外での初お披露目となります。

会 期:2015年7月11日(土)~ 9月6日(日) <終了しました>
会 場:ロシア サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館
The State Hermitage Museum
Russia, 190000, St Petersburg, Dvortsovaya Naberezhnaya
(Embankment), 34

会 期:2015年9月22日(火)~ 11月15日(日) <終了しました>
会 場:ロシア モスクワ プーシキン美術館
The Pushkin State Museum of Fine Arts
Russia, Moscow, Volkhonka, 12

プレスリリースはこちら

ロサンゼルス・カウンティ美術館「樂 -茶碗の中の宇宙」展 開催のお知らせ

樂美術館と国際交流基金は、アメリカ西海岸で随一の規模を誇るロサンゼルス・カウンティ美術館にて展覧会を催すことになりました。重要文化財2点、重要美術品1点を含む、樂家初代長次郎から当代15代樂吉左衞門、また、未来へつなぐ次代楽篤人までの作品、約100点を一堂に展覧いたします。

会 期:2015年3月29日(日)~ 6月7日(日) <終了しました>
会 場:アメリカ ロサンゼルス・カウンティ美術館
The Los Angeles County Museum of Art
5905 Wilshire Boulevard Los Angeles CA 90036
U.S.A.

なお本展はロサンゼルス展の後、内容を一部変更して、ロシアのエルミタージュ美術館、プーシキン美術館へ巡回いたします。

プレスリリースはこちら

定本 『樂歴代』(淡交社)が刊行されました。

当代吉左衞門氏が総編、樂焼の歴史・技法、長次郎茶碗の本質そして侘の美意識を、次代篤人氏が全作品の解説と歴代紹介を書きました。
総頁328頁(カラー240頁/モノクロ88頁)
500点(収録作品数 200点余り) 当館及び全国の書店にて発売中!

樂吉左衞門襲名30周年出版記念出版 『ちゃわんや 二人の息子と若き人々へ』(淡交社)が刊行されました。(2012年3月)

お蔭様で、好評発売中です。書店ではほぼ完売の状況ですので、樂美術館にてお求め下さい。尚、再版は致しません。ご希望の方はお早めに。

『ちゃわんや 二人の息子と若き人々へ』
当代吉左衞門の襲名30周年を記念した、エッセイ・詩・作品集。副題には「二人の息子と若き人々へ」とあるように、17歳の初造りから今日までの自選茶碗の美しい画像と共に、折々の率直な心情、親子の葛藤、作陶への思い、そして深い思索がエッセイ・詩となって語られています。
総頁192頁  図版73カット A3版 オールカラー ハードカバー。樂美術館及び全国の書店にて好評発売中!

五島美術館 講演会「光悦茶碗」

会場 : 五島美術館 別館講堂
日時 : 10月26日(土) 14:00− <終了いたしました>

ブライトンホテル開業25周年記念イベント「樂吉左衞門が語る樂焼の400年」

樂美術館にて展覧会「手のひらから生まれた形・樂茶碗」をご鑑賞頂き、その後京都ブライトンホテルで、当代樂吉左衞門による講演「樂焼の400年」を聴講、その後、当代と共にブライトンのお食事をお楽しみいただく盛りたくさんな企画です。

日時 : 2013年8月26日(月) <終了いたしました>
会場 : 京都ブライトンホテル

個展「当代樂吉左衞門 フランスでの作陶 LOUBIGNACの丘の上で」展

2007年~2010年にかけてフランスで制作された茶碗、花入が出品されます。

会場 : 日本橋三越 6階美術画廊
会期 : 2012年12月26日(水)~2013年1月8日(火)  <終了いたしました>

展覧会「現代の座標 工芸をめぐる11の思考」展

当代樂吉左衞門の新作を含めた焼貫黒樂茶碗5点、焼貫茶入4点、焼締花入(フランスにて制作)1点が、他10名の作家と共に出品されます。

会場 : 東京国立近代美術館工芸館
会期 : 2012年9月15日(土)~12月2日(日) <終了いたしました>

講演会「樂家400年の伝統 長次郎と私」

日時 : 2012年5月18日 <終了いたしました>
会場 : 名古屋・栄 中日文化センター
樂美術館|十五代 樂吉左衞門
樂美術館|展覧会案内
ページトップへ